« 市内の桜2012 | メイン | みんなでチャレンジ パソコンTool 43 »

2012年05月02日

思い出の一品(逸品)

3s.jpg
 今日紹介された一品(三品でした)は、懐かしい、初期のワープロ。
 入力モニターのディスプレーは、何と1行表示。しかも単漢字変換。 “見附”ならまず見に変換し次に附に変換。確定したら即印字(メモリーが無く)それでも活字文書やラベル作成で手書きと違う良さを感じたものだ、という。
 1台約10万円、月賦の途中半年で新しい機種(約7万円)が発売された。(悔しいけどまた買った)
その後進歩してディスプレイも大型化、メモリーもあり一括印字、更に2インチFDに保存も出来るように・・・しかし、印刷は感熱紙を使ったり、普通紙にはインクリボンを使って印刷していた。
 現在のパソコンのWordなどに比べたら機能的に劣るかも知れないが、文書作成の原点や単純さが、懐かしくもあり、やはり逸品だなぁ~!
31s.jpg

大画面で再生

 

投稿者 mcom : 2012年05月02日 13:36