« 見附の”雪景色” | メイン | 早春の息吹 »

2006年03月03日

生放送第3弾

6%5B1%5D.jpg

 暦では立春を過ぎたものの、春まだ遅い見附のまち。
 冷たく長い冬の日々を過ごしながらも、少しずつ春の足音は近づいているようです。
 昭和38年に続く豪雪と言われた今年の冬を振り返りながら、出演者の方々が見つけた”春の訪れ”を取り上げてみました。

 雪降ろしボランティアの体験談を語る田崎さん
 実家である三条市(旧下田村)の様子を紹介する鷲尾さん
 女性ならではの防火活動を熱く語る稲田さん
 NHKでも放映された町内一斉雪降ろしの様子を語る松本さん
 下関屋菓子店のご主人高橋さんと友人の吉田さんからコメントをいただきました

投稿者 mcom : 2006年03月03日 12:21